maripapieマリーさんのかみ日記/マリーのパリブログ

和紙作家マリーのほっこりブログ。作品や、日常のことなどなど、ほっとすることを書いています。

かみものがたり②〜平安時代から〜

こんばんは!マリーです。

昨日は紙づくりが始まった時代、

聖徳太子の時代あたりをご紹介しました。

 

平安時代に入ると、紙はさらに進化していきます。

紫式部さんの時代です。

紫式部のような女流作家たちは、保管しやすいように

薄くて、さらに書いても破れない丈夫な紙を欲しがりました。

f:id:maripapie:20210616205218j:plain

 

この願いを叶えるべく✨

和紙職人たちは、薄くて丈夫な紙を作る技術を発展させていきます。

この頃から、日本独自の「流し漉き」と言う技術が生まれます。

 

f:id:maripapie:20210616205736j:plain

※流し漉きは紙のもとになる木の繊維に、水と植物性の粘料(ネリ)を加えたものを

専用の道具ですくって、揺らして、繊維を絡めることで強い和紙を作る

紙漉きの方法です。

 

こうして和紙は強い紙へと進化していきました♪

 

今日はここまでです。

それではまた明日♪

マリーでした〜

 

maripapie.com

マリーさんのInstagram